新宮町について

  • 新宮町

    人口3万人規模の自然が豊かな新宮町

  • 立花山

    クスノキの巨木など自然に恵まれた「立花山」

  • 新宮海岸

    夏には人気の海水浴場となる「新宮海岸」

  • マリンクス

    新宮町を駆け巡るコミュニティバス「マリンクス」

  • 沖田中央公園

    広い敷地を持つ新宮町のセントラルパーク「沖田中央公園」

概要

 新宮町は、福岡市に隣接する人口3万人規模の町で、立花山新宮海岸相島などの豊富な自然に恵まれています。新宮町は東西7.5キロメートル、南北5.7キロメートルと東西に長く、町の東部は立花山とそれに連なる山岳地帯、玄界灘に面した北西部は平地が続く地形となっています。平地の多い北西部が町の活動の中心地となっており、国道3号、JR鹿児島本線、西鉄貝塚線などの交通や商業施設等が充実し、近年目覚ましい発展が続いています。
 また、福岡県でも珍しく、島を持っている町としても有名で、その相島「猫の島」として知られています。

注目ポイント

立花山

新宮町のシンボル「立花山」

標高367.1メートルの新宮町で最も高い山が「立花山」です。特別天然記念物である樹齢300年を超えるクスノキを始めとした圧巻の大自然、戦国武将や立花道雪ゆかりの遺跡など見所も多く、傾斜もゆるやかなためハイキングコースとして親しまれています。

詳しくはこちら

新宮海岸

美しい景観の海水浴場「新宮海岸」

夏には海水浴場としてにぎわう海岸です。弓なりに続く海岸線はその特徴的な形から”パラソルのふち”と呼ばれ親しまれています。2キロ以上海岸に沿って植えられている松は「楯の松原」と呼ばれ、長きに渡り海風や砂から作物を守り続けています。

詳しくはこちら

沖田中央公園

新宮町のセントラルパーク「沖田中央公園」

JR新宮中央駅の東口から国道3号線まで伸びる大きな公園です。きれいに整備された芝生と、せせらぎに流れる水が美しい町民憩いの場で、広く安全な空間と充実した遊具があり子どもたちも安心して遊ぶことができます。

詳しくはこちら

バス「マリンクス」

新宮町を行き来するコミュニティバス「マリンクス」

新宮町では、町内を区間無制限、料金100円で移動することのできるシャトルバスが運行されています。横に伸びる新宮町の東西を往復する「山らいず線」、町の西部にある主要な施設等を循環する「相らんど線」という2種類の路線があり、目的別に利用できます。

詳しくはこちら

アクセス

移動時間JR博多駅からJR新宮中央駅まで約25分

住所福岡県糟屋郡新宮町

特記事項町内の移動にはコミュニティバス「マリンクス」がオススメです.


外部リンク

参考文献

  1. 新宮町役場,”新宮町ホームページ>ようこそ新宮町へ>新宮町の紹介>新宮町の場所”,http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,12557,270,164,html.
  2. 「わたしたちの町 新宮」執筆委員会,”楽しく学ぶむかしといま わたしたちの町 新宮”,新宮町,pp.10-21,1999/2.
  3. 新宮町,”新宮町パンフレット”,http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,10221,c,html/10221/teizyusokusin.pdf.

2 responses to “新宮町について”

  1. nano より:

    おもしろそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です