千年家

  • 千年家

    重要文化財に指定されている千年家

  • 千年家

    生活観あふれる千年家の様子

  • 千年家

    千年の月日経つ千年家の中

  • 千年家

    マリンクスに乗ってすぐに千年家へ

概要

 17世紀中期に建築されたといわれ、九州で最も古い民家として、昭和52年に国の重要文化財の指定を受けました。最澄にまつわる伝説が残っており、最澄が寄宿した際にお礼として「横大路」の姓と「毘沙門天の像」「法理の火」「岩井の水」を贈ったといわれています。「毘沙門天像」「法理の火」「岩井の水」を大事に守れば子孫が栄えて家が絶えることがないと言われ、その家系は現在も続いています。千年も続いているという意味で「千年家」と呼ばれるようになりました。毎年4月13日には、毘沙門天像の御開帳の法要が行われ、この日だけ拝顔することができます。現在の千年家は、建物の傷みがひどくなったので、平成12年から平成14年にかけて修復されました。平成27年4月1日から、千年家の屋内見学ができるようになりました。

注目ポイント

千年家

冬に訪れる千年家も美しい!

昔ながらの家だからこそ見れる屋根に積もったきれいな雪!雪が積もった日にはぜひ千年家に行ってみてはいかがでしょうか!写真では伝わらない美しい景色を実際に見てください!

千年家

天台の法火

千年家では最澄が天台山から持ってきた法火を受け継ぎ、長い間火を絶やさずに守り続けていました。(※現在、天台の法火は返還されたため千年家にはありません。)

アクセス

JR新宮中央駅前からマリンクス相らんど線「千年家」下車
西鉄新宮駅前からマリンクス相らんど線「千年家」下車
西鉄バス上府太郎丸バス停から 徒歩15分

営業時間10:00 – 16:45

開館日水曜日から日曜日まで

休館日月曜日から火曜日まで

郵便番号811-0295

住所福岡県糟屋郡新宮町大字上府420

緯度経度北緯 33.761788, 東経 130.374950


外部リンク

参考文献

  1. 新宮navi,http://shingu-navi.jp/
  2. 新宮町誌編集委員会,”新宮町史”,新宮町役場,pp.100-120,
  3. 新宮町,”楽しく学ぶむかしといま わたしたちの町 新宮”,http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/search/search_data_detail.php?no=7465,
  4. 新宮町,”観光パンフレット”,http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,6550,c,html/6550/20160407-092021.pdf,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です